清水市内線廃線ウォーク
ウォークポイント
旧仲浜駅付近

もともとは静岡清水線の一部として、1928年に港橋-江尻新道(現在の新清水)間が開業。翌1929年江尻新道-横砂間が開業する。旧仲浜駅は、現在しずてつジャストラインのバス停が存在する。

ウォークポイント
清水市内線廃線跡

単線区間である西久保-横砂間は専用軌道であり、東海道本線と併走していた。現在は、自転車と歩行者のみが通れる道として、付近住民の散歩やウォーキングコースに利用されている。

ウォークポイント
延命地蔵尊

国道1号線と旧東海道の分かれ目にある地蔵尊。

ウォークポイント
東光寺

興津川氾濫等で東光寺に泊まる人のために作られた門がある。門戸が格子造りになっているのが珍しい造りとなっている。

ウォークポイント
法岸寺

浄瑠璃、朝顔日記の主人公、深雪の墓がある。かつては、この墓に参詣すれば眼病が平癒すると言われていた。本堂は能楽堂を模した建物で、中央に三・互間四方の舞台がある。

豆知識ポイント
静岡鉄道 ノスタルジック紀行

清水市内線(しみずしないせん)はかつて静岡県清水市(現 静岡市清水区)内の港橋と横砂を結んでいた静岡鉄道の路面電車。