日本平アートウォーク
ウォークポイント
県の天然記念物「やぶきた原樹」

現在では、全国各地で栽培されている香りと甘みに富んだ「やぶきた」品種は、この茶の木をもとに生まれました。明治41年、茶の品種改良の先駆者である杉山彦三郎翁に発見され、竹やぶの北側にあったのでその名がつきました。近くに静岡茶の茶祖のひとり、鎌倉時代の栄西禅師の碑が建てられています。

ウォークポイント
静岡県立美術館&並木通り

静岡平野に佇む有度山の山腹に建つ美しい美術館です。山水、風景画等自然を題材とした絵画を中心に「地獄の門」「カレーの市民」など32点のロダンの作品を展示しています。県立美術館前駅から美術館までの道は並木通りといわれ、お洒落な店が並び美しい街として知られています。

ウォークポイント
平沢寺・平沢観音

行基上人が諸国行脚の途中、この地に立ち寄り地蔵尊を彫り、草堂を建て安置したことに始まる古刹です。境内の床下から御仏片が発見されたことに由来する「平沢身替り地蔵尊」が有名で、無病息災のご利益があるお地蔵様として親しまれています。